famuをやめてクレアを再開した理由

今までfamuを3大ポイントサイトとして利用してきましたが、今回3月から変更しました

代わりにクレアでテレフォンレディを行うことにしたのですが、おそらく皆さんも気になる点ではあるので、ご説明しておきます

同じお客様と繋がることが多くなった

これはテレフォンレディの宿命だと言えます

同じお客様と何度も繋がる展開

まず、ログインした後に、誰かとお話をしたとします

仮にガチャ切りでも構いません

その後、また待機中にして、時間を潰していたら、再びコールされる

「もしもし」と言った瞬間に切られる

若しくは、相手の声を聞いて惚けたフリをしても切られる

1サイトで長く稼動していたら、絶対に体験する話です

だからこそ、当サイトが推薦する掛け持ちでの攻略が必要なのです

時期的なことでFAMUの売上が下がった

時期で、一旦クレアもやめていましたが、ここに来て掲示板などではクレアの評価が高くなってきたのです

もっとも、クレア自体も2013年11月には、10万円以上だったので、稼げないからやめたわけではありません

当時FAMUが急上昇だったので、少し浮気をしてみたのですが、実際FAMUよりクレアの方が売上は良かったのです

単価自体は、双方そこまで正直変わりません

若干伸びしろがあるのが、クレアだというだけです

今回のようにコロコロとサイトの評価が変わるかといえば、答えはNOです

どこを見ても結構ですが、e-shotはテレビ電話が出来るのであれば爆発的に稼げるというのも、今から10年ほど前から変わっていません

当時は番組名が違っていたのかも知れませんが、チャットレディと比べてテレフォンレディサイトはそこまで大きく内容が変わることが無いのです

2014年3月クレアで18万円突破したのは

単月で1サイト18万円突破するのが、いかに難しいのかはテレフォンレディをしたことのある人なら分かるはずです

私の場合、不正をしてテレビ電話で稼いだわけではありません

音声通話だけで稼いだのですが、多少補足すると、メールレディも併用していました

クレアは、動画を閲覧されるたびに、ポイントが加算されます

もちろん、画像でも付与されるので、うまくやればガンガンに稼げます

さらに、そこから電話へ繋がることもあるので、全てがうまく嵌った感じがあります

クレアの詳細はこちらから

クレア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加